妖怪ウォッチのストーリーを簡単に解説

妖怪ウォッチは、もともとはゲームソフトから始まり、アニメ、コミックと展開が広がっていきました。

普通の夏休みを過ごしていた主人公である小学五年生のケータが、自らを妖怪執事と名乗るウィスパーと出会い、「妖怪ウォッチ」という妖怪が見える時計を手に入れることから物語が始まります。

ケータの住むさくらニュータウンという町には無数の妖怪が存在しているのですが、普通の人には見ることが出来ず、妖怪ウォッチをつけたケータのみ見る事が出来ます。隠れている妖怪と戦い勝利することで妖怪は「ともだち」となり、ケータは妖怪から「妖怪メダル」をもらいます。妖怪メダルを使うと、その場に妖怪を呼び出し、仲間としてともに戦うことができます。仲間となった妖怪と一緒に、さくらニュータウンで起こる様々な出来事を仲間の妖怪たちと協力しながら解決していくのが妖怪ウォッチのストーリーです。

人気のキャラクターが車に轢かれた猫が地縛霊となった妖怪のジバニャンです。愛らしい見た目と気まぐれな性格、そしてパンチを素早く繰り出す「ひゃくれつ肉球」が人気の秘密です。

こういった魅力的なキャラクターと、意外にも濃密なストーリーを併せ持っているのが「妖怪ウォッチ」なのです。

妖怪ウォッチの魅力を押し上げるキャラクター達

長らくの間、子供向け商品の一番手と言えばなんと言っても「ポケモン」でした。

しかし、ここに来てようやくその地位を奪う新たなキャラグッズの登場に、アニメ/コミック情報誌ばかりでなく一般紙の紙面にまで社会現象の一つとして取り上げられているのが「妖怪ウォッチ」です。

ニンテンドー3DS用ソフトとして、さらに人気少年誌にコミックを連載。そして満を持してのアニメ化で、その人気は一気に拡大しました。しかし妖怪ウォッチの人気を不動の物に押し上げたのは、そういったメディア展開の力だけでなくなんと言ってもキャラクターの愛らしさにあり、関連グッズは子供ばかりでなく普段はゲームに興味のない大人からの関心までも集めています。

主人公であるケータ少年はどこにでもいる普通の少年。そんな彼が妖怪ウォッチを手に入れて、至る所に出没する妖怪達と友達になりながら様々な問題を解決していくというのが妖怪ウォッチのメインストーリーです。

友達になった妖怪は、妖怪メダルを渡してくれます。それを妖怪ウォッチに差し込む事により、友達になった妖怪を召喚出来るという仕組みになっています。

それで召喚される妖怪達は、従来の「妖怪」に対して抱くようなおどろおどろしいイメージとは真逆の、いわゆる「ゆるキャラ」のように見た目が愛らしいのが特徴です。そんな愛らしい妖怪達は、妖怪になるに到った様々な悲しい理由を抱えており、それを探っていく過程は、物を大切にする、動物を可愛がる、そういった当たり前の事を子供達に学ばせるキッカケにもなり、保護者としては安心して子供達に与えられる作品です。

Copyright(c) 2013 Sample Inc. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com