妖怪ウォッチのトレーディングカードゲームの遊び方

妖怪ウォッチのカードゲームにはとりつきカードバトルがあります。

妖怪ウォッチ、とりつきカードバトルとは2人で遊ぶトレーディングカードゲームです。

カードの種類はバトルをする妖怪カードと、色々な効果を発揮することができるイベントカードの2種類があり、この2種類のカードを集めてデッキ絽言われるカードの束を作ります。

妖怪ウォッチカードゲームの遊び方は、ゲームの前の準備として15枚以上のカードでデッキを作ります。このとき全く同じカードは3枚までしか入れてはいけません。

次にプレイシートにカードをシャッフルしてデッキ置き場に裏にしておきます。デッキを置いた後には特に支持されない限り、内容を見たり順番を並べ替えたりすることはできません。

デッキの上からカードを5枚引いて手札にし、相手に見えないように持ちます。手札が気に入らなくてもドローしなおすことはできません。

じゃんけんで先攻か後攻を決め、先攻から妖怪を1対から3対まで召還し、後攻も同じように召還します。

この召還とはデッキの上からカードを1枚引いて裏向きで妖気置き場に置くことです。この妖気が勝敗を大きく左右します。

相手の気絶置き場にアル妖怪の点数が合計6点たまるか、相手のデッキが0枚になれば勝ちです。

妖怪ウォッチのカードゲームができるお店

最近では多くの子供が妖怪ウォッチと言うマンガに興味を持っていると言われています。

このマンガはテレビ東京系列で全国ネットで放送されているマンガで、テレビ東京系列がない都道府県では、広島県ではテレビ朝日系列などで流れているマンガ番組です。

このマンガでは、人間生活の中にユニークで面白い妖怪を入れ込むことで、マンガの中身をシュールで面白いものに仕上げています。こうした妖怪ウォッチの影響は全国の子供に多くの影響を与えています。

例えば、妖怪ウォッチ関連で販売されている様々な関連商品は非常に人気が出て、全国で品切れ状態が続いており、多くの子供達がこの関連商品の販売を待ち望んでいます。

また、関連商品にあわせてこのマンガのカードゲームも人気があります。

一般的にカードゲームについては、全国のおもちゃのお店やゲームセンターなどに多く設置されており、この妖怪ウォッチと言うマンガについても全国のおもちゃ店やゲームセンターにカードゲームコーナーが設置されています。

しかしながら、あまりにこのゲームが人気があることから、多くのお店でカードそれ自体が品切れ状態になっており、なかなか運営ができないとされています。それだけ人気があるとされています。

Copyright(c) 2013 Sample Inc. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com